豚骨ラーメンの定番トッピングについて把握しよう

豚骨ラーメンが好きという人は多いものです。豚骨ラーメンの特徴の一つとして挙げられるのがスープです。スープは豚骨スープを使用するのが一般的です。お店によってスープの作り方は異なりますが、多くの店舗では豚骨を鍋で長時間煮込み、出汁を取っているラーメン店が多くなっています。豚骨ラーメンは豚骨スープを使用するので脂っこいというイメージを持っている人もいますが、店舗によってはあっさりと食べられるように工夫をしてラーメンを提供しているところも多々あります。そのため、男性や女性など性別や年齢に関係なく多くの人が食べたことがあるラーメンの一つに数えられます。ちなみに、名古屋にある豚骨ラーメン“鶴亀堂”では、豚骨密度の高い芳醇でクリィーミーはスープです。フレッシュ感、鮮度を感じられるでしょう。

ラーメン一杯に対しての豚骨使用量は全国トップクラス。
できるだけ体に優しい天然素材を使用することにこだわっています。鶴亀堂のスープは、脂の多いこってり系ではなく、豚骨密度の高い芳醇でクリィーミー。
フレッシュ感、鮮度を感じてください。

また、豚骨ラーメンは麺にも特徴があります。これも店舗によって異なりますが、豚骨ラーメンには細麺、極細麺を使うラーメン店がほとんどです。極細麺であれば太麺に比べて食べやすさを感じる人も多く、極細麺を使用する豚骨ラーメンを提供している店舗では替え玉でおかわり注文を受け付けるところもあります。

その理由は、はじめから多くの麺をスープの中に入れてしまうと麺にスープが染み込みすぎて、伸びてしまうからです。替え玉であれば麺につかっている時間を少なくできるので、その分伸びるリスクを少なくできます。また、麺の硬さも選択できるところが多く、好みの麺の硬さを選択して食べることができます。

このように豚骨ラーメンにはいくつか特徴がありますが、他のラーメンではトッピングされないような食材も丼に添えることがあります。よって、定番のトッピングをあらかじめ把握してから豚骨ラーメンを食べたいと考える人もいるでしょう。

Pocket

Comments are closed.