カテゴリー: 未分類

先ほども少し触れた通り、麺をおかわりするために替え玉を注文する人がいますが、替え玉を注文する時にトッピングをお願いする人は多いものです。このタイミングでトッピングを注文することでアレンジすることができるようになり、味を少し変えることができるので、一杯目とは違った味を楽しむことが可能となります。

アレンジに使われる定番のトッピングは明太子や高菜です。明太子や高菜は味自体に個性があり、それをトッピングするだけで豚骨ラーメンの味を変えることができます。高菜などははじめからトッピングする人も多いので、豚骨ラーメンの定番のトッピングです。

その他のアレンジに使われるトッピングには焦がしにんにくを挙げることができます。焦がしにんにくは通常のにんにくよりも味や風味が強くなるのが特徴で、元の味を大きく変えてにんにく風味の豚骨ラーメンを楽しむことができるようになります。

辛味を加えるために辛子高菜や辛味噌をトッピングとして加える人もいます。日本で流通しているラーメンの中には台湾ラーメンや担々麺など辛いラーメンもあり、いろんなところで提供されていますが、もし辛子高菜や辛味噌を加えれば、台湾ラーメンや担々麺などのように辛さを感じる豚骨ラーメンを食べることができます。辛味が好きな方は一度試してみてはいかがでしょうか。

Pocket

定番のトッピングとして挙げられるのが、チャーシューです。チャーシューは豚骨ラーメン以外にもトッピングとしてよく使われる食材です。チャーシューを入れることで、ラーメンにボリュームを持たせることができます。基本的に豚骨ラーメンには初めからトッピングとしてチャーシューが添えられてテーブルに運ばれることがあります。しかし、満腹感を得たい男性の中にはさらにチャーシューを追加してボリュームを高める人もいます。

その他の定番のトッピングには卵を挙げることができます。チャーシューと同様に卵も豚骨ラーメン以外のラーメンによく使用されるトッピングです。豚骨ラーメンにのせる際には卵は半熟で提供されるケースが多くなっています。卵を追加で注文できるところも多いので、チャーシューのように増やすことも可能です。

他のラーメンにはトッピングされることが少ない具材として挙げられるのが紅しょうがです。豚骨ラーメンにおいて紅しょうがは定番のトッピングの一つになります。お店によっても異なりますが、紅しょうがのトッピングは無料で提供されるケースも多く、トッピングとしてラーメンに添えやすい食材の一つです。ラーメン以外の料理でも使用することが多いので、馴染みを感じる人も多いでしょう。

Pocket

豚骨ラーメンが好きという人は多いものです。豚骨ラーメンの特徴の一つとして挙げられるのがスープです。スープは豚骨スープを使用するのが一般的です。お店によってスープの作り方は異なりますが、多くの店舗では豚骨を鍋で長時間煮込み、出汁を取っているラーメン店が多くなっています。豚骨ラーメンは豚骨スープを使用するので脂っこいというイメージを持っている人もいますが、店舗によってはあっさりと食べられるように工夫をしてラーメンを提供しているところも多々あります。そのため、男性や女性など性別や年齢に関係なく多くの人が食べたことがあるラーメンの一つに数えられます。ちなみに、名古屋にある豚骨ラーメン“鶴亀堂”では、豚骨密度の高い芳醇でクリィーミーはスープです。フレッシュ感、鮮度を感じられるでしょう。

ラーメン一杯に対しての豚骨使用量は全国トップクラス。
できるだけ体に優しい天然素材を使用することにこだわっています。鶴亀堂のスープは、脂の多いこってり系ではなく、豚骨密度の高い芳醇でクリィーミー。
フレッシュ感、鮮度を感じてください。

また、豚骨ラーメンは麺にも特徴があります。これも店舗によって異なりますが、豚骨ラーメンには細麺、極細麺を使うラーメン店がほとんどです。極細麺であれば太麺に比べて食べやすさを感じる人も多く、極細麺を使用する豚骨ラーメンを提供している店舗では替え玉でおかわり注文を受け付けるところもあります。

その理由は、はじめから多くの麺をスープの中に入れてしまうと麺にスープが染み込みすぎて、伸びてしまうからです。替え玉であれば麺につかっている時間を少なくできるので、その分伸びるリスクを少なくできます。また、麺の硬さも選択できるところが多く、好みの麺の硬さを選択して食べることができます。

このように豚骨ラーメンにはいくつか特徴がありますが、他のラーメンではトッピングされないような食材も丼に添えることがあります。よって、定番のトッピングをあらかじめ把握してから豚骨ラーメンを食べたいと考える人もいるでしょう。

Pocket