アレンジする時の定番トッピング

先ほども少し触れた通り、麺をおかわりするために替え玉を注文する人がいますが、替え玉を注文する時にトッピングをお願いする人は多いものです。このタイミングでトッピングを注文することでアレンジすることができるようになり、味を少し変えることができるので、一杯目とは違った味を楽しむことが可能となります。

アレンジに使われる定番のトッピングは明太子や高菜です。明太子や高菜は味自体に個性があり、それをトッピングするだけで豚骨ラーメンの味を変えることができます。高菜などははじめからトッピングする人も多いので、豚骨ラーメンの定番のトッピングです。

その他のアレンジに使われるトッピングには焦がしにんにくを挙げることができます。焦がしにんにくは通常のにんにくよりも味や風味が強くなるのが特徴で、元の味を大きく変えてにんにく風味の豚骨ラーメンを楽しむことができるようになります。

辛味を加えるために辛子高菜や辛味噌をトッピングとして加える人もいます。日本で流通しているラーメンの中には台湾ラーメンや担々麺など辛いラーメンもあり、いろんなところで提供されていますが、もし辛子高菜や辛味噌を加えれば、台湾ラーメンや担々麺などのように辛さを感じる豚骨ラーメンを食べることができます。辛味が好きな方は一度試してみてはいかがでしょうか。

Pocket

Comments are closed.